あなたの旅をもっと楽しく『旅の強化書』

JR新幹線特集
TRAVEL

不人気な「中央席」を快適にするシートを米企業が開発!

不人気な「中央席」を快適にするシートを米企業が開発!のイメージ

飛行機の座席で、「真ん中の席」といえば、利用する人たちから敬遠されがちです。
「出入りしにくいし、両隣の人に気を遣う」
「精神的に“窮屈”という感じがする」
「気が付いたら肘掛が横の人に奪われていた」
そんな理由から「真ん中の席」は不人気で、実際、売れ残りがちです。しかし、今後はまた状況が変わってくるかもしれません。機内インテリアのデザインを手掛けるMolon Labe Designs社が、中央席の悪評を覆す新デザインを開発中のようです。

■アイデア溢れる「スタッガーシート」
アメリカ・コロラド州の同社のCEOハンス・スコット氏はこのように語っています。

「飛行機での移動は、多かれ少なかれ疲れるが、しかし、それもデザインで軽減できる」
「デザインで」とは、どのような意味なのでしょうか? その答えは、ドイツ・ハンブルクで開催された展示会で、満を持して出品された、「スタッガーシート」にありました。

同社の試作品「スタッガーシート」は画期的です。スタッガーとは、「互い違い」という意味のよう。中央席が両隣の座席よりも少しだけ低くなって、後ろに下がっています。さらに、幅に関しても、窓側・通路側よりも7.5cmほど広い設計。専用の肘掛も付きます。

「これで、中央席に座る人も、両隣の人に肘掛を取られる心配はない。もしそうしようとすると、肘が後ろにいって、苦しい姿勢になるのです」と、スコット氏はそう話します。

“不人気席”である中央席だからこそ、ちょっと特別な仕様に。幅広のスタッガーシートでは、18インチの大きめのスクリーンで機内エンターテインメントを楽しめるようになっています。

しかし…このような工夫が凝らされては要るのですが、残念なことに、足元の広さは変わっていません。これだけでは、中央席に予約が「殺到」するまでにはならないでしょう。

■大手エアラインが導入検討中
 しかし、スタッガーシートが中央席フライトの品質を変えることは確かです。スコット氏によると、同社では二年以内に大型機への搭載を目指しているのだとか。実際、すでに複数の大手エアラインから問い合わせはあったそうです。
 また同社のアイデアは、これだけに留まりません。「サイドスリップシート」、中央席をスライドさせて、隣の座席と重ね、通路を広くできるというシートです。よりラクに、ささっと乗り降りできる利点があり、これまた複数の航空会社で採用が考えられているとか。
 ただし、安全性が何より重視される業界で、新製品の導入には、認可が下りるまでになかなか時間がかかります。「サイドスリップシート」はすでに社内の衝突実験にも合格し、非常時の安全性も証明されたと言います。FAA(米連邦航空局)でも認められれば、2017年中にはこのシートが導入される旅客機が出てくるかもしれません。もちろん、中央席の座り心地を快適にする「スタッガーシート」が導入される日も、そう遠くはないでしょう。

一覧に戻る
中国の国産大型機「C919」は航空機市場に割り込めるか?
「セール」を逃すな!LCCをさらに安く利用する裏技

こちらもオススメ

愛煙家必読!悩ましい機内の“煙草事情”〜電子煙草はどんな扱い?のイメージ

愛煙家必読!悩ましい機内の“煙草事情”〜電子煙草はどんな扱い?

窮屈でも心は広々、ちょっとした工夫でエコノミーを上質に のイメージ

窮屈でも心は広々、ちょっとした工夫でエコノミーを上質に 

耳痛・空酔いetc機内での健康トラブル予防法&対処法のイメージ

耳痛・空酔いetc機内での健康トラブル予防法&対処法

PAGE TOP

カテゴリー一覧

© Virtual Net Support Inc. All Rights Reserved.