LCCのメリットとデメリット | 航空券ドットネット

JR新幹線特集

LCCコラム

vol.05 LCCのメリットとデメリット

LCCのメリットとデメリットとは

LCCのメリットと言えばいわずもがな「料金が安い」ということだが、それ以外にもどのようなメリットがあるのだろうか?また、LCCの最大のメリットである「料金が安い」の影に潜むデメリットはどのようなことが挙げられるか考察してみたい。

LCCのメリット

運賃が低価格

LCCを利用する最大のメリットが「料金が安い」ということ。低価格を実現するために各LCCが並々ならぬ企業努力を行っている。

機材が新しい

 一般的に、LCCは新しい航空会社が多いため、ほとんどの航空会社が新しい機材を使用している。古い機材だと燃費が悪く、故障のリスクも高くなるため、運用コストが悪化してしまう。その為にも、燃費の良い機材の導入に努めており、新しい機材は、故障が少なく、安全性という面からも、古い機材より優れている。

燃油サーチャージが割安

燃油サーチャージの考え方はLCCによってさまざまで、燃油サーチャージが運賃に含まれているので徴収されなかったり、徴収されたとしても大手航空会社よりも小額な場合がある。

滞在日数等の制限がない

LCCの特徴として、片道ベースで料金が設定されているため、最低滞在日数、最大滞在日数などの制約がない。

片道でも安価な料金

大手航空会社の場合、「往復割引」を利用すれば安くなるが、一部の航空会社を除き、一般的に片道の料金は高くなっている。LCCは前述の通り、片道ベースの料金設定のため、片道でも安価に購入することができる。

LCCのデメリット

機内食、飲み物等のサービスの有料化

サービスのスリム化により、機内食、飲み物、毛布、映画等のエンターテイメントは全て有料になる。

荷物を預ける場合は有償

多くのLCCでは、預け荷物は基本料金に含まれておらず、スーツケース等を預ける場合は、別途追加料金が必要となる。また、重さの制限を厳密に適用しているので、1キロでもオーバーすると、再度詰めなおしまたは追加料金がかかってくる。

座席のシートピッチが狭い

LCCは、少しでも多くの座席を確保するため、大手航空会社と比べると、若干シートピッチを狭くしている。

座席はオプションまたは指定不可

LCCの中でも採用する方法はさまざまだが、座席を指定したいときは別途追加料金が必要になる場合や全席自由席のため事前指定は不可能となっている場合がある。

マイレージが貯まらない

マイレージを貯めることを楽しみにしている方も多いと思うが、ほとんどのLCCでは、自社のマイレージ・プログラムを運営していない。

燃費重視のため上空待機はしない

LCCは燃費重視のため、あまり余分な燃料を積まないようにしている。そのため、代替の近隣空港へ降りてしまう、出発地へ引き返す、あるいは早々にフライトをキャンセル、といったケースが発生しやすい。

遅延・欠航が発生しやすい

LCCのビジネスモデルの1つである「運行の効率化」を実現するために、可能な限り機材を運行させるスケジュールを組んでいる。そのため、機材に不具合が発見されると連鎖的に後々の便までその遅れが影響してくる、ということが起こる。また遅延の発生により空港施設の利用時間を過ぎてしまい、フライトキャンセルになることもある。

欠航時は自力解決、自己負担

フライトが機材故障で欠航になった場合、大手航空会社だと他社便への振替や今晩の宿泊ホテル代、食事代を航空会社が負担をしてくれるなど親身な対応をしてくれるケースが多い。ところが、明らかにLCC側に責任があっても、LCCは翌日以降の「空いている便」への振替しか行わない。ホテルは自分で探し、代金も自分で払うこととなる。

更新日:2015年2月26日
前のコラムへ 次のコラムへ
LCCコラム
観光旅行用語集
キャンプ沖縄・北海道
OIL&VINEGAR

おススメ情報 Recommend Information

格安航空券
国内格安航空券を一括検索!複数の航空会社から最安値を比較
国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
新幹線 格安ツアー
JR新幹線格安ツアー!宿泊付き新幹線パック格安比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
国内LCC航空券
国内LCC(格安航空会社)航空券をまとめて検索
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
沖縄ツーリスト
京王観光バス旅

SSLとは?