ソウル旅にはチェジュ航空! 韓国初のLCCの魅力に迫る!| 航空券ドットネット

JR新幹線特集

LCCコラム

vol.28 ソウル旅にはチェジュ航空! 韓国初のLCCの魅力に迫る!

チェジュ航空とは

韓国初のLCCが設立されたのは、2005年のことです。その名もチェジュ航空。韓国・済州島をベースとして、当初は国内線のみ運行していましたが、2008年から国際線にも進出しました。

日本へと路線が伸びてきたのは、2009年のこと。関西、北九州とソウル(仁川)を結ぶ路線が開設され、その後、名古屋〜ソウル(金浦)へと広がり、2013年からは成田〜ソウル(仁川)も開設。今後の展開として、サイパン・ハノイに新規就航する予定もあるそうです。また、中長距離路線を運航する、また新たなエアラインを設立する計画もあるとか。

ソフト面のサービスが充実 好印象のLCC

チェジュ航空はソフト面のサービスで好印象を持たれているLCCです。機内で食事(おにぎり)や水、ジュースなどが無料で提供されるLCCは、実はそう多くありません。一般航空会社では一般的なサービスですが、LCCではなくて当たり前、という雰囲気すらあります。チェジュ航空はそこに目をつけたわけですね。

無論、これらの無料提供にはコストがかかるわけですが、クルーによると「韓国では、機内食にお金を払うことに抵抗感を持つ人が多い」のだとか。多少のコストはかけても、乗客に満足してもらうために、そしてまた利用してもらうために、ちょっとした飲食物は無料提供で、という努力を続けているようです(現在は「飲料水」のみ無料…)。

ソウルの街が好きな人は、きっと日本国内にも多いはず。日本の都市とはまた違った活気があって、面白いですよね。チェジュ航空は、同じソウルでも、仁川と金浦という二つの路線があり、目的に合わせて選べるのも魅力的。そして、やはり"安い"のが嬉しい!

ちなみに、チェジュ航空は機内でのレクリエーションにも積極的です。たとえば、「じゃんけん大会」とか。乗客とクルーがじゃんけんし、勝った人には小さなプレゼントが! そんなところにも、「人の心」を感じられるLCCですね。

済州島へのリゾート旅 復活はあるのか?

2011年の6月からは、関空から済州島への路線も開設されました。残念ながら2013年には運休となったのですが、あるいは今後、復活もあり得るかもしれません。韓国有数のリゾート地、済州島は、ツーリストたちに大人気。ユネスコ世界遺産にも登録された火山島は、その他にも観光の見所も多く、常に国内外からのゲストで賑わっています。

さて、使用されている機材ですが、すべてボーイング737の次世代モデル、737-800に統一されています。エコノミークラスのみの全189席。また機材を増やしていく計画も浮上しているとか。JALグループ出身のパイロットも、続々、チェジュに採用されています。

更新日:2017年3月14日
前のコラムへ 次のコラムへ
LCCコラム
観光旅行用語集
キャンプ沖縄・北海道
OIL&VINEGAR

おススメ情報 Recommend Information

格安航空券
国内格安航空券を一括検索!複数の航空会社から最安値を比較
国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
新幹線 格安ツアー
JR新幹線格安ツアー!宿泊付き新幹線パック格安比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
国内LCC航空券
国内LCC(格安航空会社)航空券をまとめて検索
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
沖縄ツーリスト
京王観光バス旅

SSLとは?