釜山への旅はエアプサン! 軽食が無料の「おもてなしLCC」!| 航空券ドットネット

JR新幹線特集

LCCコラム

vol.29 釜山への旅はエアプサン! 軽食が無料の「おもてなしLCC」!

エアプサンとは

エアプサンは、韓国系のLCC。2011年6月から、成田にも就航しました。拠点としているのは釜山で、日本では大阪、福岡、札幌にも路線があります。その他、セブやマカオ、ベトナム、モンゴル、カンボジア、グアムの国際線も。韓国の国内線としては、釜山から済州、ソウルを結んでいます。

我々日本人にとってのエアプサンの使いどころは、やはり、釜山への旅でしょう。運行開始当初は、往復で9900円という安すぎる設定もありました。このあたりはLCCならではです。現在はいくらか値上がりしていますが、それでも"釜山密着型"としては他社に負けません。

「おもてなし」の心に溢れるLCC

エアプサンは、韓国で第二位のエアライン、アシアナ航空のLCCです。2007年設立。韓国ではソウルに次ぐ大都市、釜山を拠点として、当初は国内線のみのスタート。それから徐々に国際線の路線も拡充。もてなしも良いLCCとして韓国の人々に親しまれています。

そう、エアプサンの大きな特徴の一つとしては、心の行き届いた「おもてなし」があるのです。日本線では、日本の新聞や、オレンジジュース、最終の清浄岩盤水などが無料で提供されています。成田線、関空線では軽食(ホットドッグなど)も無料。このあたりはさすがに、機内サービスに定評のあるアシアナ航空出資のLCCです。かつては、釜山から成田の帰国便では、ビールも無料で提供されていました(現在は、缶ビール1本におつまみが付いて、500円に改定)

また、エアプサンの機内サービスとして人気があるのは、香り豊かなコーヒーです。環境に優しい豆を使った上品なコーヒーは、"通"からも高い評価を得ています。就航以来、着実に利用者数を増やし続けているのも、こういったサービスで他社との差をつけているからでしょう。LCCらしからぬ、ただの「足」に留まらない、満足のいくクオリティです。

現在の保有機材は、エアバスA321が10機と、エアバスA320が4機。いずれも全世界のエアラインで親しまれている、非常にベーシックな機材です。外見としての特徴は垂直尾翼に描かれた日本の水色のラインと、紺色のライン。主張を抑えた、シンプルなデザインです。

ちなみに、エアプサンの新規就航路線に関しては、すでにアシアナ航空は撤退。すべての便がコードシェア便となっています。現在は、アシアナ航空が運行していたときよりも搭乗率が良くなっているとか。また日本への新たな路線として、茨城への就航も検討されているようです。

更新日:2017年3月22日
前のコラムへ 次のコラムへ
LCCコラム
観光旅行用語集
キャンプ沖縄・北海道
OIL&VINEGAR

おススメ情報 Recommend Information

格安航空券
国内格安航空券を一括検索!複数の航空会社から最安値を比較
国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
新幹線 格安ツアー
JR新幹線格安ツアー!宿泊付き新幹線パック格安比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
国内LCC航空券
国内LCC(格安航空会社)航空券をまとめて検索
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
沖縄ツーリスト
京王観光バス旅

SSLとは?