ジェットブルーの「リージョナル機」が示すLCCの可能性 | 航空券ドットネット

JR新幹線特集

LCCコラム

vol.32 ジェットブルーの「リージョナル機」が示すLCCの可能性

ジェットブルー航空とは

LCC発祥の国、アメリカには、ジェットブルー航空という人気エアラインがあります。これも格安運賃でアメリカ国内、そしてメキシコ、カリブ海諸国を結ぶLCCですが、同社が売りとしているのは、何より「サービス」です。

「安さで勝負!」というこれまでのLCCの常識を覆したジェットブルー。豪華な革張りのシートを導入、機内エンターテインメントシステムを充実させ、他社との差別化を図っています。使用されている旅客機にも、まず、大きな違いがあります。

ジェットブルーではリージョナル機E190を使用

世界各国のLCCと同様に、ジェットブルーでも定番のA320を使用していますが、同社が保有している機材はしかし、それだけではありません。リージョナルジェット機と呼ばれるエンブラエルE190(標準で全100席前後)も導入し、近距離路線で飛ばしています。

実際に乗ってみれば、なぜこのジェットブルーが、そしてE190がアメリカのビジネスパーソンに愛されているか、すぐにわかるでしょう。小型機とは言え、通路を挟んで二席ずつという配置になったシートは高級感ある革張りで、ゆとりも充分です。各シートには、36チャンネルのディレクTVが視聴できるモニターも設置されています。追加で10ドル支払えば、さらに大きな上級席にグレードアップできるのも、大きな魅力の一つでしょう。

ジェットブルーは、実は、E190のローンチカスタマーでもあります。もともと、この機種のベースであるE170は、JALグループのジェイエアが地方路線で運航させていたのですが、座席数は定番機のA320や737の半分という絶妙なキャパシティに抑え、限られた空間をうまく使った設計には、ジェットブルーも注目していました。そして、E170をもとに胴体を延長したE190をエンブラエルに100機発注、短距離路線に活用しているのです。

LCCの新たなニーズを突くリージョナル機

現在、世界のLCCは中長距離路線の拡充に積極的で、A330などの中型機もどんどん導入しています。その一方で、機体のサイズは小さめ、座席数も少なめながら、キャビンの快適性を高めたリージョナル機は、LCCのニッチな需要を突いて、やはり人気を集めています。たとえば、エアベルリンのプロペラ機も、70席というキャパシティながら、静音、快適、そして格安と三拍子揃った魅力で、ドイツ国内での移動に、多くの人々から利用されています。

このようなリージョナル機の導入は、今後、ますます進んでいくかもしれません。ジェットブルーが新たなLCCの可能性と、そのお手本を示していることは間違いないでしょう。

更新日:2017年4月24日
前のコラムへ 次のコラムへ
LCCコラム
観光旅行用語集
キャンプ沖縄・北海道
OIL&VINEGAR

おススメ情報 Recommend Information

格安航空券
国内格安航空券を一括検索!複数の航空会社から最安値を比較
国内格安ツアー
全国の国内格安ツアーやJR新幹線格安ツアーを比較・検索
新幹線 格安ツアー
JR新幹線格安ツアー!宿泊付き新幹線パック格安比較・検索
国内格安ホテル・旅館
日本全国のホテル・宿・旅館から厳選されたプランをご紹介。
国内LCC航空券
国内LCC(格安航空会社)航空券をまとめて検索
空港送迎タクシー
自宅から空港へ!空港から目的地へ!事前予約で安心の定額空港タクシー
格安レンタカー
全国4000店舗のレンタカー会社を比較して予約!「旅レンタカー」
旅のアウトレット
沖縄ツーリスト
京王観光バス旅

SSLとは?